2016年製タイヤ 在庫限りの大特価セール実施中!

タイヤの基礎知識

タイヤの役割

タイヤは自動車と路面の唯一の接点です。自動車はタイヤがあるから走ったり、止まったりできるのです。そんなタイヤの役割は大きく分けて4つあります。

  • 自動車の荷重をしっかり支える(荷重支持機能)
  • 車の駆動、制動力を地面に伝える(駆動制御機能)
  • まっすぐ走ったり、曲がったりする(進路保持機能)
  • 路面からの衝撃を和らげ、快適な乗り心地を実現する(緩衝機能)

これにより私たちは快適なカーライフを実現することができます。

パターンと特徴

トレッドパターンとは

タイヤの溝や切れ込み等をトレッドパターンといいます。トレッドパターンの役割は下記の4つです。

  • 車の駆動・制動力などを接する路面に伝える。
  • 雨や路面が濡れていた際、路面上の水を排水し、タイヤをより路面に密着させる。
  • スリップや横滑り等の危険を抑制し、操作安定を向上させる。
  • 騒音等を減らして乗り心地を向上させる。

トレッドパターンの分類

リブ型

一般道や高速道路の走行に適しています。操縦や安定性が良く、また転がり抵抗やタイヤ音が他の型と比べて少なめです。
※主な用途:乗用車、小型トラック、トラック、バス

ラグ型

舗装されていない道路向け。リブ型に比べて駆動力や制動力に優れています。
※主な用途:トラック・バス、小型トラック、建設やフォークリフト等の車両

リブラグ型

リブ型とラグ型の特徴を合わせた型です。
※主な用途:トラック・バス、小型トラックなど

ブロック型

排水性が高く、駆動力や制動力に優れていることから氷雪路や泥道などの路面状態が悪い際に使用されます。 ※主な用途:スタッドレスタイヤ、スノータイヤ


回転方向の指定や対象・非対称のタイヤについて

トレッドパターンには回転方向が指定されているものや、対称・非対称となっている構造のものもあります。それぞれ、車ごとに適合するものが異なりますのでご注意ください。当店では3種類のタイヤを取り扱っております。

  • 回転方向指定のあるタイヤで右左指定無し
  • 回転方向指定無しの非対称タイヤ
  • 対称(点対称)タイヤ

現在、右用・左用といいった左右の指定のあるタイヤは販売しておりません。今後、指定のあるものを販売する場合は、各商品ページにて表記いたします。


装着方法

非対称パターン(回転方向の指定なし)

回転方向の指定が無いタイヤは、サイドウォールに「INSIDE」「OUTSIDE」と刻印されております。取付の際には「OUTSIDE」の刻印がある面を外側(装着後も見えるよう)に装着してください。

  • 画像:MICHELIN Pilot Sport CUP2
  • マーク:ブリヂストンより
非対称パターン(回転方向の指定あり)

回転方向の指定があるタイヤは、タイヤのサイドウォールに「Rotation」と「矢印(→)」が刻印されております。取付の際には、矢印(→)の方向に回転するように装着してください。

  • 画像:YOKOHAMA ADVAN AD05・AD06
  • マーク:ブリヂストンより

タイヤサイズ・サイドウォールの表記

表記場所

タイヤのサイドウォールにタイヤサイズや製造年や製造週、製造国等を記載しています。各メーカによって製造年と製造週の表記場所が異なりますが、基本的には同じ読み方になります。


サイズ表記の意味

(1)タイヤ幅

タイヤの断面幅。トレッドパターンが設定されている面になります。

(2)偏平率

タイヤの幅に対しての高さ(サイドウォールの幅)の比率。求め方は「偏平率(%)=高さ/断面幅×100」です。

(3)ラジアル構造

タイヤ内の構造。もう1つバイアス構造が有る。

(4)インチ(リム径)

タイヤの外径から、高さ(サイドウォール)を引いた物。インチ表記しています。

(5)ロードインデックス

タイヤ1本あたりが支えられる最大の質量を表示しています。

(6)速度記号

装着しているタイヤが既定の条件下で安全な走行が許される最大速度を示す記号((9)のような表記や(Y)表記などは速度カテゴリー)。(9)のZR表記の「Z」は当時の最高性能規格として作られたものです。これは(5)のロードインデックスと共には表記されず、(3)のRと共に表記され、さらにはZの付いているタイヤはロードインデックスを表示しなくてもよいというルールまで作られました。現在、タイヤの製造技術が発達し、「H」を超える規格がいくつも作られたため、「V」や「W」などの速度記号とロードインデックスが「ZR」とともに表記されているようになっています。

速度記号表
速度記号 L Q R S T H V W Y ZR (Y)
最高速度 km/h 120 160 170 180 190 210 240 270 300 240超 300超
  • ZRは速度カテゴリーです。
  • 最高速度が300超の場合、速度カテゴリーのZRに速度記号のYを括弧書きにして表示します。
(7)エクストラロード

強化タイヤ。内部構造を強くすることでマークなしのタイヤよりも高い空気圧を入れることが出来るタイヤ。空気圧を高くすることでより大きな荷重にも耐えられるようになります。通常のタイヤより内部構造が強いので、XL表記なしのタイヤよりも空気圧を高く設定しなければいけません。

(8)承認マーク

各車メーカーが共同開発を行ったタイヤ。車のパフォーマンスを向上させて、乗り心地や操作性をより引き出すことができるように設計されています。

承認記号
アウディ BMW メルセデス・ベンツ ポルシェ
AO MO,MO1,MOE N0,N1,N2,N3,N4

製造年週について

商品の製造年については各商品ページにて記載しております。製造週や製造国が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。(※一部商品は対象外)

各タイヤメーカーでは「適正に保管したタイヤは製造から3~5年間は同等の性能を保つ」ことが確認されています。また、製造年週の違いよるタイヤの性能差は確認されておりません。

タイヤを複数本ご購入していただいた際に、製造年週が揃っていない場合がございますが、性能には問題ございませんのでご安心ください。

タイヤのインチアップについて

インチアップとは

タイヤの外径(全体の大きさ)を変えずに、ホイールのインチ(直径)を大きくすることをインチアップといいます。逆にインチを小さくすることをインチダウンといいます。

インチアップの利点

  • ホイールを変更することができるので、車をお好みに合わせてドレスアップすることができます。
  • 偏平率が下がることからサイドウォールが小さくなるので、ハンドルを切った際のタイヤのたわみが少なくなり、操縦性が良くなります。
  • ホイールの直径が大きくなるのでブレーキを冷ましやすくなり、ブレーキが効きやすくなります。
  • タイヤ幅も大きくなりますので車体の安定性も向上します。

インチアップの難点

  • サイドウォールが小さくなるので地面からの振動や衝撃等が吸収されにくくなり、路面の状態によっては車内に振動が響いたりします。
  • タイヤのサイズが変わり、ロードインデックス値が下がる場合、耐荷重性能が下がるため、バースト(破裂)等の問題が発生する可能性があります。(タイヤサイズを変更される場合にはロードインデックス値が下がらないように注意しましょう!)

また、大幅にロードインデックスが下がったり、タイヤが車からはみ出していたりする場合、車検に通らないこともありますので注意してください。

ランフラットタイヤについて

ランフラットタイヤとは

パンクしていても一定の条件の下であれば、ある程度の走行ができるように設計されたタイヤのことです。例えば、高速道路を走行中にパンクした場合でも、80km/h以下の速度で80kmまで走行可能なので、近くのサービスエリアやガソリンスタンドへ安全に行く事が可能です。

これにより、スペアタイヤや修理キットなどを車に乗せる必要がなくなるので、積載重量が減ることによる燃費の向上などが期待できます。ただし、パンク状態での走行は危険ですので、すみやかに交換することが推奨されています。

なお、通常のタイヤからランフラットタイヤへ換装する際には、ランフラットタイヤ専用のホイールと空気圧センサー等が必要ですのでご注意ください。(空気圧センサーはランフラットタイヤがパンクしたかどうかを確認するために必要です。)

タイヤ性能を十分に発揮させるには

タイヤの空気圧管理

タイヤはホイールに組み込んだ後、空気を充填することで使用可能になります。しかし、この空気の量が多すぎたり少なすぎたりすると、時に大きな問題を引きおすことがあります。ですので、空気圧の管理は重要です。

充填する空気の量について

新車時に装着しているタイヤと同じサイズやロードインデックスの場合は運転席側のドアに記載されています。インチアップやインチダウンをしているのであればそのタイヤに合う空気圧を入れる必要があります。

空気圧不足の場合

トレッド面の両端が極端に摩耗しやすくなります。タイヤがたるむので熱が溜まりやすく発熱による損傷(ヒートセパレーション)を起こしやすくなります。また、雨天時にはハイドロプレーニング現象も起きやすいとされています。

空気圧超過の場合

トレッド面の中央部が極端に摩耗しやすくなります。空気が多く入り張っているので操作時に乗心地の低下や振動が大きくなることがあります。また、タイヤが傷つきやすくなるため、バーストの危険性が増します。

タイヤの空気圧点検や調節方法

空気圧の点検は必ず車に乗る前に行いましょう。なぜなら、空気は温まると熱膨張を起こし空気圧が高くなります。ですので、走行後は正確な点検が出来なくなってしまうのです。

タイヤ内の空気はタイヤキャップをきつく締めても、自然に洩れて空気圧が低下していきます。空気充填の1ヶ月後から低下率が高くなっていきますので、タイヤを長持ちさせ、安全に走るためにも月に1回は点検しましょう。

車によっては高速走行時や乗車人員、長時間走行の際に空気圧の調整をする場合があります。本来は指定された空気圧を入れるのが一番良いのですが、使用する状況によっては高めに設定することもあるでしょう。ただし、高くする場合でも規定圧から上限10%程度までにとどめましょう。


タイヤ溝、深さの管理

タイヤ溝は走るたび摩耗し減っていきます。タイヤには使用限度があり、1.6㎜以下になるとトレッド部に「スリップサイン」が現れます。「スリップサイン」が出たタイヤで走行することは、法令の「道路運送車両の保安基準」で禁止されていますので、サインが出る前にタイヤを交換しましょう。


タイヤの交換時期について

タイヤの交換時期については以下の2点を確認しましょう。

  • 上記のスリップサインが出そうになっているかチェック。
  • タイヤが劣化して表面や側面にヒビが入っているかをチェック。(タイヤはゴム製品なので年数が経つにつれて少しずつ劣化していきます。)

どちらも交換時期を表すサインです。サインが確認できたなら、できるだけ早く交換しましょう。


新品タイヤの慣らし走行

なぜ慣らし走行は必要か?
  • 製造工程で塗布された薬品を取り除くため。

    タイヤは製造工程の中で様々な薬品がつけられています。特に、型抜きのための離型剤は時間経過によってタイヤ表面のつるつるを悪化させます。 タイヤの性能を十分に発揮させるにはこの離型剤を落とす必要があるのです。離型剤は走行していると自然と削れて落ちていきます。そのために慣らし走行は必要です。

  • 交換時、組み込み時についてたグリスなどを落とすため。

    タイヤをホイールに組み込む際に、滑りやすくするためにグリスなどが使用されています。タイヤとホイールの境界面にグリスがついている状態では、急発進、急ブレーキ、急ハンドルなどの際に、タイヤとホイールがずれる可能性があります。タイヤの性能を十分に発揮させるには、これらも落とす必要があります。こちらも走行しているとタイヤやホイールの熱で乾いたり、雨等で流れるなどで、なくなりますので十分に慣らし走行を行いましょう。

  • 交換前後で感じるタイヤの性能差に慣れるため。

    交換の前後で、タイヤのサイズやメーカーなどが変わった場合、タイヤ毎の性能の差が顕著になります。お車をタイヤに慣れさせるのはもちろん、運転される方自身が、交換前と交換後の性能差に慣れることも安全な運転には必要です。もちろん、慣れるまでには個人差がありますが、運転する方がタイヤになれるためにも慣らし走行は十分に行いましょう。

慣らし走行の方法

慣らし走行のためにどれぐらい走る必要があるか、各タイヤメーカーが推奨しています。

  • サマータイヤ … 速度は80km/h以下、走行距離100km以上の走行
  • スタッドレスタイヤの場合 … 速度は60km/h以下、走行距離は200km以上の走行

タイヤの保管について

保管方法について

保管する場所の目安としては下記がおすすめです。

  • 直接、日光や雨が当たらない
  • 風通しの良い場所

ゴムは直射日光や水分、高温により劣化しやすくなります。可能であれば「屋内」に保管場所を作るか、屋外に保管する場合でも「日光や雨等を防ぐカバー」を使用しましょう。(タイヤのみを保管する場合は、縦置き、横置き、どちらでも構いません。)

ホイール付きのタイヤを保管する場合は縦置きにするとホイールの重みで接地面が変形していきますので、形を崩れにくくするためにも、横向きに置く(平積み)のが理想です。空気圧は規定値の半分ぐらい入れておいてください。横向きに置く際、タイヤから出る油分で置いている場所が汚れる可能性があるので、段ボールやすのこを下に敷くなどして直接、接触させないようにしましょう。

タイヤのみの場合、縦置きで保管します。縦置きの場合も接地面には段ボールなど敷くのを忘れずに。ビニール袋に入れる方もいらっしゃると思いますが、湿気が溜まってホイールが腐食する事があります。完全には密閉せず、風通しを確保しましょう。

送料:全国送料無料

※タイヤ1本から ※北海道・沖縄・離島も対象

時間指定も承ります。

配送時間帯:9時~12時/12~14時/14~16時/16~18時/18~20時/19~21時

※配送状況や天候によっては、ご希望のお日にち・お時間にお届け出来ない場合が御座います。

※配達時間のご指定がある場合は各都道府県別の納期目安から+1~2日後配送となります。

※また地域によっては午前中、12~14時の配送着時間指定をお受けできない場合がございます。

■当日発送の〆切は平日14時(土曜12時)までにお支払いの確認ができたご注文が対象です。
※NEXEN商品を除く

お届けに関する詳細は「配送・梱包について」もしくは「送料・お支払いについて」をご確認ください。

お支払いについて

カードでのお支払回数:1回払い、2回払い、分割払い(3回、5回、6回、10回、12回、18回、20回、24回、リボ払い)

各種お支払方法における詳細な手数料等については、「送料・お支払いについて」をご確認ください

【初期不良の場合】
お届けの商品に「キズや不具合がある」「注文内容と異なる商品」などの場合、速やかに同一商品と交換、または返金の対応をさせていただきます。
※商品到着から7日以降のご連絡は初期不良であっても対象外となります。
※返品時の送料は当店が負担いたします。
※在庫切れにより交換品がご用意ができない場合は、返金にて対応させていただきます。

【お客様都合の場合】
商品の発送後に「商品を間違えた」「サイズを間違えた」等のお客様都合による返品・交換の場合、下記の条件を満たしていれば返品・交換可能です。

<返品・交換条件>
●商品到着から7日以内にご連絡いただいたもの
●商品の到着から14日以内にご返送いただいたもの
●当社基準により未使用、未装着と判断できるもの
※タイヤ1本につき事務手数料1,000円(税込)を申し受けます。
※カード決済をご利用のお客様はキャンセル手数料として購入金額の3%を別途申し受けます。
※返品時の送料はお客様負担となります。
※返金・交換処理は返品商品の確認ができた後に行います。

上記以外の返品・交換は一切お受けできませんのでご注意ください。